時間を上手に使うたった4つの方法。朝を制する者は1日を制す!

f:id:mmm171218:20171221164920j:plain

こんな記事タイトルつけてしまいましたが、私は時間の使い方が下手です。

特に今のように全て自由時間だと、

など、特に何も産み出さない時間の使い方をしてしまいます。

 

時間の使い方なんて人それぞれでいいと思いますが、1日中こんなことをしていると気が付けば外は真っ暗。「あぁ、今日も無駄に1日を過ごしてしまったな」なんて後悔が溜まっていきます。

 

そしていつかそれが「ストレス」「自分を責める原因」になっていく。

このような欲求不満は人生を豊かにしません。

 

さすがにこのままでは嫌だと時間の使い方を改めました。

今実践している方法が結構良かったので、専業主婦の方や学生さん向けになるかもしれませんが、何か参考になればと思います。

まず身だしなみを整える

f:id:mmm171218:20171221165108j:plain

朝起きてすぐ、服を着て洗顔してスキンケアして髪型を見られても大丈夫な程度に軽く整える。それからお弁当作り。

 

この流れが理想ですが、私は起きられないので(笑)

お弁当を作り終え、夫を見送ってから上記のようにしています。

 

当たり前のことなんですが、何にもない日はノーメイクで服もテキトーで髪の毛もボサボサってこともあるかと思います。

 

そうなるとほんとに何もしないんです、私。だから、まずスイッチを入れるためにも、何もない日も身だしなみはある程度整えておきます。

 

そんなにきっちりはしませんが、急に誰か来ても恥ずかしくない格好をするようにしています。宅配の人も来たりするしね。

 

やらなければいけないことは午前中にやってしまう

f:id:mmm171218:20171221165612j:plain

これだけで1日の充実感が全く違うから驚いた。

主婦の方で言うと洗濯物、掃除、アイロンがけなどの家事は大方午前中のうちに終わらせてしまうのです。

 

こうするだけで午後からの時間は、好きなことをするなどゆっくりと過ごせます。

優雅な昼下がりを過ごしましょう( ^^) _U~~

 

やることリストを前日の夜、もしくは当日の朝作成する

f:id:mmm171218:20171221165817j:plain

To doリストってやつですね。やることを簡単にメモしておくだけで、「あ!あれやるの忘れた!」とか後でバタバタするのを防げます。

 

コツは『簡単に書くこと』

チラシの裏に殴り書きとかでいいです。自分が分かればそれでいい。

優先順位をつける

人によると思いますが、私は面倒なことからやっていきます。簡単なものから片づける方法が合う人もいると思いますので、自分のやり方を探してみてください。

やり終えたらチェックする

これは見ると「私これだけできた!」という達成感があるから。

期限があるもの以外は「やらなくちゃ!」と思わないこと

ストレスになってこの方法すら続かなくなってしまうので。楽に考えましょう♪

全てやろうと思わなくていい

優先順位低いものは次の日に回せばOK!

 

ちなみに私はめちゃくちゃどうでもいいことまでメモしてます。「爪を切る」とか(笑)

こんなんでも打消し線入ってる項目が増えたら達成感ある。

爪を切る項目を追加するぐらい私は暇です。はい。

 

 

たまには「暇な時間」を過ごす

f:id:mmm171218:20171221170003j:plain

 毎日毎日Todo Todoって考えてると「トゥードゥートゥードゥーうるさいな!」ってなるので、たまには息抜きしましょう。

 

「時間を気にしない時間」を持つことも、心を穏やかにするために大切だと感じます。

 余裕は大事!

 

おわりに

以上、ねこやなぎ流【時間を上手に使うたった4つの方法】でした!

私は特にやらなければならないという切羽詰まったものがないので、かなりゆる~いかもしれませんが(;^_^A

 

ただ時間の使い方の基本形にはなっていると思います。

 

つわりが酷くて仕事を辞めた時は「やったー!これで早起きしなくて済むー!ぐーたらできるー!」(調理員は朝が早い)と喜んでいましたが、正直仕事をしていた時の方が1日の充実感が大きかったなぁ。

 

充実感のない日々を送っているとそれだけでストレスです。楽なように見えて、だんだんと辛くなるし、性格も暗くなっていきます。

 

だから、同じように時間を持て余している方がいましたら、この際に時間の使い方を考え直してみてはいかがでしょうか?

 

イキイキと過ごせるようになりますよ。

私はブログのおかげで少し充実しています!

 

本日はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございました。