風邪・インフルエンザ予防に!手作りヨーグルトで腸内環境を整えよう

インフルエンザ流行のシーズン到来です。

皆さんは予防・対策なにか行っていますか?

私は妊娠中ということもあり、例年より力を入れてインフルエンザ対策をと考えています。基本の手洗い・うがい・マスク着用は徹底していますが・・・

 

▼あなたのお住いの地域は大丈夫ですか?

 ここでインフルエンザの流行レベルを確認することができます

 流行レベルマップ

 

私の生息地、兵庫では注意報発令中。ちょうど大流行中に検診で病院行くから怖いなぁ~。

我が家の風邪・インフルエンザ予防対策は手作りヨーグルト!

一時期、【R-1ヨーグルトがインフルエンザ予防に効果的】と話題になりましたよね。 

明治ヨーグルトR-1 112g×24個

明治ヨーグルトR-1 112g×24個

 

ヨーグルトには免疫力を高める効果がある

そもそも、ヨーグルトには乳酸菌という菌が含まれています。菌と言っても悪いやつじゃありません。この菌はお腹の調子を整え、免疫力を上げ、感染症にも強くなるという体に嬉しい効果が期待できます。

そんでもって、R-1ヨーグルトはこの菌が他のヨーグルトよりも特別らしく、より免疫力を高めてくれる効果が期待できるとのこと。

テレビで紹介されたこともあって、冬はR-1ヨーグルトが飛ぶように売れるらしい。

でも我が家にR-1は必要ない。だって手作りヨーグルトがあるから!

我が家はヨーグルトメーカーを使って、ヨーグルトを手作りしています。

f:id:mmm171218:20171229151213j:plain

 

実は夫とまだ同棲していた頃はこういうものを使わず、本当の手作りでヨーグルトを作っていました。その頃は健康目的というより、少しでも節約したくて作っていました。

手作りヨーグルトの作り方(ヨーグルトメーカー不使用)

材料

牛乳     1L

ヨーグルト  200g※1

 

必要なもの

温度計

牛乳を温める用の鍋

大きめのタッパー

大きめのタオル

作り方
  1. 牛乳を45℃ぐらいまで温める
  2. 温まったら火を止め、タッパーにヨーグルトと温めた牛乳を加えて、よ~く混ぜ合わせる
  3. タッパーに蓋をして、大きめのタオルで包み、保温する(45℃を保てるように※2
  4. そのまま8~12時間放置

 

※1 ヨーグルトの種類は何でもいいですが、うちはブルガリアヨーグルトやPB商品の安いヨーグルトも使ってた。でもブルガリアの方が美味しかった。

※2 冬場は保温が難しいのでこたつ(弱)の中に入れて保温してた。

 

こたつに入れるとか潔癖な方は無理かな?(^-^;でもお腹を壊してことはない。夏場は少し怖くてやったことないけど。ちなみに実家は猫がこたつを占領しているので絶対に無理。

 

しかしね、美味しいしヨーグルト永遠に増産できる!(だんだん固まらなくなるので同じ種を使うのは2回までにしてました)

ただ、温度計ることがめんどくさかったので、結婚を機にヨーグルトメーカーを買いました。そしたらめっちゃ楽にヨーグルトができて感動。

 

今は種菌を購入しています

今はヨーグルトからヨーグルトを生成するのを止めて、TANICA公式から出ているABCT種菌を使うことに。

subaruya.com

正直、以前の手作りヨーグルトより若干割高になってるけど(笑)

でも美味しいです。酸味が少なめで舌触りが滑らか。それにこたつに入れなくて済むから衛生面も安心!これで猫がこたつに入ってても大丈夫。

手作りヨーグルトの作り方(ヨーグルトメーカー使用)

材料

ABCT種菌  1袋

牛乳       1L

 

用意するもの 

ヨーグルトメーカーのみ

作り方
  1. 牛乳を容器に3分の1ほど入れる
  2. 種菌をよく混ぜる
  3. 残りの牛乳を入れ、よく混ぜる
  4. タイマーと温度を設定して放置(うちの場合ですが13時間  43℃

できたよ~(*'▽')

f:id:mmm171218:20171229151423j:plain

ちゃんとヨーグルトができてる! 

ヨーグルトだけじゃなくて甘酒や納豆まで手作りできちゃいます。無添加にこだわりのある方に是非お勧めしたい。

 

手作りヨーグルトのメリット

市販のヨーグルトを買うより節約になる

簡単に作れて美味しい

無添加で体に良い。お子さんも安心して食べられる

種菌を使うとより体に良い

 

ちなみにですが・・・(ヨーグルトの話はこれでおしまい)

Q.妊婦はインフルエンザの予防接種をして大丈夫なの?

A.大丈夫です!

私はてっきり、ワクチン接種系は避けた方が良いものだと勘違いしていました。むしろその逆で、妊婦はインフルエンザにかかると重篤化しやすいので、予防接種を推奨されているとのことです。

予防接種を受ける最適な時期は10月~11月ともう既に過ぎてしまっていますが、私のように勘違いされていた妊婦さんは一度担当の先生に相談されてみてはいかがでしょうか。私はまだ受けていませんので、次回検診時に相談してみようと思います。

参考になるサイト

akasugu.fcart.jp

woman.mynavi.jp

 

今はまだインフルエンザ流行レベル注意報の所が多いようですが、これからもっと冷え込むにつれて、警報が発令されることと思います。

今のうちにインフルエンザの予防・対策はしっかり打っておきましょうね。

 

本日はここまで(*^▽^*)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。