マタニティマークってやっぱり危険?実際付けてみて感じたこと

f:id:mmm171218:20180110125952j:plain

妊婦のみなさん、マタニティマーク付けていますか?怖い話も聞かれるので付けることに対して不安を抱く妊婦さんは多いと思います。私もそうでしたが、いろいろ悩んだ挙句もう5か月ほど付けています。

 

本日はマタニティマークをもらえる場所実際付けてみてどうだったのか、現時点で言えることを記事にしてみました。

そもそもマタニティマークの意味って? 

  • 妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。
  • 交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの 

  マタニティマークについて |厚生労働省

 

もらえる場所

保健センター

母子手帳を受け取る際に一緒にもらうことができます。自治体によって違うかもしれませんので配布されなかった場合は確認してみてください。

 

駅の事務室・窓口

マタニティマークください」と一言言えばOK。すぐに出してもらえます。お近くの駅で配布されているかどうか確認してから行かれる方が確実です。事前に各鉄道会社HPで確認されるか、問合せしてみてくださいね。

▼参考リンク

ママテラス | マタニティマークの配布場所

 

駅でもらえるマタニティマークボールチェーンタイプになっているので、どんなタイプの鞄にも付けやすいです。保健センターでもらったものはストラップタイプなので鞄によっては付けにくい。

f:id:mmm171218:20180110121456j:plain

左:駅  右:保健センター

 

雑誌の付録

初めてのたまごクラブ2018年冬号―妊娠がわかったら最初に読む本 (ベネッセ・ムック たまひよブックス)

初めてのたまごクラブ2018年冬号―妊娠がわかったら最初に読む本 (ベネッセ・ムック たまひよブックス)

 

販売もされています

 

このようにおしゃれで鞄に合わせやすいデザインのものも販売されています。 

 

マタニティマークの危険性

危険な目に会うためマタニティマークを付けない妊婦さんが増えているようです。

matome.naver.jp

お腹蹴られるとか駅のホームから落とされるとか、本当の話なの?!と耳を疑ってしまいます。世の中殺伐としすぎでしょ。

 

こんなこと聞いたら付けたくなくなりますよね。私も怖くて初めは付けていませんでした。赤ちゃんと自分を守るために付けるものが、逆に危険な目に合うなんて。

 

こうした背景に何があるのかというと、

  • 妊娠したことを自慢しているマーク
  • 電車の席に座らせてほしいマーク

など認識の誤解があるようです。全くそんなつもりないんだけど・・・中にはそのように思っている”妊婦様”もいるかもしれませんが、かなり少数だと思う。

 

でも確かに自分が不妊で悩んでいる時に、幸せそうなマタニティマークを見たらネガティブな気持ちになるかもしれない。だからって他人に危害を加えたりはしないけど、「配慮に欠ける」と言われたらそうなのかもしれない。

 

複雑な気持ちもあったため、初めは付けることをためらいましたが、私には持病があるため、もしもの時に備えて途中から付けるようにしました。道端で倒れてしまったとしても、マタニティマークを付けていれば救急隊の方もそれに応じた処置を施してくれるはず。

 

配慮に欠ける行為なのかもしれませんが、赤ちゃんと自分の身を守るために、できることはしたい。

 

マタニティマークを悪用する人たち 

中には妊娠していないにも関わらずマタニティマークを付け、電車で席を譲ってもらおうとする人もいるとかいないとか。これも「ほんまでっか?!」な話ですが、そこまでして電車の席座りたいかな?

 

マタニティマークは無料でもらえて非常に有難いんですが、裏を返せば誰でももらえるんですよね。それを悪用しようとする思考回路が理解できません。

 

このような人に遭遇してしまったら、マタニティマークに対して嫌悪感を抱く気持ちも分からなくはないですね。

 

使用している妊婦のモラルの問題

中にはマタニティマークを印籠のように振りかざす妊婦さんもいるようです。席を譲れと言わんばかりにマークをアピールしたり、席を譲ってもらったのにお礼も言わなかったり。このように”妊婦様”に嫌な思いをさせられた方も嫌悪感を抱いていると思います。

 

妊婦という立場にあっても「優遇してもらって当たり前」にはなりたくないですね。

実際にマタニティマークを付けてみて

付けてから約5か月経ちますが、危険な目に合ったことは今のところ1度もありません。逆に親切な方が電車で席を譲ってくれたり、声をかけてくれたり温かい心遣いをいただくことの方が多いです。

 

ただマタニティマークを付けて出掛ける際に気を付けていることがあります。

  1. なるべく一人で出歩かない(特に夜)
  2. 電車を使う頻度を減らす
  3. 電車を使う際は体調が悪い時以外はマークを隠しておく

3に関しては、体調が良い時に声をかけていただくと何だか申し訳ないので、必要に応じて出したり隠したりしています。こんなことしてたら結局意味ないんだけどね。

 

それよりもたばこを吸っている人はもう少し配慮して欲しい。初期の頃はたばこの臭いでつわり引き起こすし、受動喫煙は胎児にも悪影響がある。歩きたばこしてる人を見るとかなりストレスも感じました。でもマークなんか全然見えていないんだろうね。

 

周りの人の意識が変わらないと付けていても何の意味もないと悲しくなることもあります。

 

最後に

制度的に優遇されてはいるけど危険な話が聞こえる限り、まだまだ妊婦の立場って弱いな~と感じます。だからってもっと優しくしてよ!って意味ではなく、もっとこのマークの本来の意味や理解が広がればいいなという思いです。

 

自分自身も態度のでかい”妊婦様”にならないよう気を付けないとね。

夫に対しては結構”妊婦様”になっているかも・・・気を付けよう(^-^;

 

本日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。