胎教に絵本をおすすめしたい【うずらちゃんのかくれんぼ・ぐりとぐら】

f:id:mmm171218:20180120154337j:plain

現在妊娠8か月を過ぎました。

28週頃になると赤ちゃんの聴覚はほぼ完成しているそうです。母親の周囲で鳴っている音にも敏感になってくるとか。

 

ちょうど職場の方から図書カードを頂いたのも重なり、胎教のため絵本を2冊購入。読み聞かせをしてみることにしました。

 

でも言葉も分からないのにやる意味があるの?という感じですよね。私もそう思っていましたが、思わぬ効果もありました。そこで今回は【絵本の紹介】【読み聞かせによる胎教の効果】をまとめてみました。

 

胎教はお腹の中の赤ちゃんとのコミュニケーション

お腹の中の赤ちゃんとは実際に触れあったりするなどのコミュニケーションをとることができません。しかし前述したように聴覚は発達しているため、話しかけてあげたり、音楽を聞かせてあげたりすることでも、赤ちゃんとのコミュニケーションになります。

 

胎教はいつから始めるのがいいのか

明確な決まりはありません。「絶対やらなければいけない」ということはなく、お母さんの体調がいい時、なんなら気が向いた時など好きなタイミングで行うのがいいそうです。ストレスがかからないのが一番。

 

絵本の読み聞かせは赤ちゃんの脳を発達させる

お腹の中にいる赤ちゃんが母親の声を聴くと心拍が上がるそうです。

 

この心拍が上がるというのは赤ちゃんの未熟な脳に刺激を与え、成長を促す効果があるといわれています。

胎教には絵本の読み聞かせが効果大!オススメ絵本10選 - ベビリナ 

 

絵本なら簡単にコミュニケーションをとることができる

ずっと話しかけているのもしんどいし、話しかける言葉も限られていると思います。返事が返ってこないのに一方的に話続けられませんよね。話のネタが尽きない方もいるかもしれないけど(^-^;

 

絵本なら書いてあることを読めばいいので、そんな心配もいりません。私のような口下手でも大丈夫。

 

赤ちゃんだけでなく、お母さんにもリラックス効果がある

妊娠中はホルモンの影響や将来への不安から、精神的に不安定になりがちな時期です。私も憂鬱な気分になることがたまにありました。

 

しかし絵本を読むことによって、気持ちが落ち着いていきます。なぜって絵本の世界ってとにかく優しい。その世界観に癒されつつ、懐かしい気持ちに浸りつつ・・・

 

「ああ、自分も親になるんだな、落ち込んでいる場合じゃないなぁ」と不思議とプラスの気持ちになれるのです。同時に親になる自覚も芽生える。

 

まさか子どものためにと思って買った絵本が、自分に良い効果をもたらしてくれるなんて思いませんでした。

 

しかも産後うつになりにくいとか。(効果は医学的に明確にはされていないそうですが)その効果も少し期待したいですね。

 

今回購入した絵本

今回は2冊の絵本を購入。選抜理由は完全に親の好み。

 

うずらちゃんのかくれんぼ

うずらちゃんのかくれんぼ (幼児絵本シリーズ)

きもと ももこ 作 福音館書店

 

うずらちゃんとひよこちゃんがかくれんぼをするお話。いろんなところに紛れて隠れます。これが結構上手に隠れるんですよ。間違い探しじゃないですけど、子どもがある程度理解できる年齢になったら、隠れているうずらちゃんとひよこちゃんを探すのもきっと楽しい。

f:id:mmm171218:20180120154416j:plain

うずらちゃんはどこかな? 

 

お話もかわいいんですが色合いと絵のタッチもかわいい絵本です。

 

ぐりとぐら

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

なかがわりえこ おおむらゆりこ 作 福音館書店

 

みなさんお馴染みの絵本ですね。私も大好きで何度読み返したことか。対象年齢は3才からとありますが懐かしくてつい購入。

 

ぐりとぐらが自分よりも大きな卵を使って大きなカステラを作ります。このカステラがすごくおいしそうで、読み終わるといつもお腹が空いていたのを思い出します(笑)

f:id:mmm171218:20180120154538j:plain

これこれ!今見てもおいしそう

 

ゆるい絵もかわいくて見てるだけで癒される!

 

実際絵本の読み聞かせをしてみて

絵本の読み聞かせって難しいぃ・・・

プロの声優さんみたいに読む必要は全くないのですが、ある程度感情を込めて読みたい。けどそうなると少し恥ずかしいですね(笑)

 

本当にリラックス効果がある

前述しましたが、ただただ見ているだけでも癒される。妊娠中のストレス対策にもなりますね。

 

赤ちゃんの反応が楽しい!

リラックスしているおかげもあると思いますが、読んでいる最中結構動いています。しかも「どんどんどんっ!」と結構激しい。反応してくれているようで愛おしさも倍増です。

 

おすすめの絵本の参考リンク

192abc.com

 

この中では「ちいさなきみへ」「どんなにきみがすきだかあててごらん」が気になっています。あらすじとレビューを読むだけで泣けてくる。買っても涙声になって読み聞かせできないかもしれないです(笑)

 

おわりに

以上【絵本の紹介】【読み聞かせによる胎教の効果】でした。

絵本はまだ早いかな?と思っていましたが、思わぬリラックス効果もあったので買ってみて良かったです。

 

優しくてかわいい絵本の世界に子どもよりも私の方がはまりそう。家の中を小さな絵本の図書館にしてみたい・・・

 

まとめ

絵本の読み聞かせは胎教に良いだけでなく、母親のストレス対策にも効果あり!

 

本日はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございました。