他人への思いやりが自分の心を豊かにさせる

f:id:mmm171218:20180130131308j:plain

こんにちは!ねこやなぎです。

 

唐突なんですが、「自分って心狭いな・・・」って思うことはありませんか?

私は今までにそう思うことがたくさんありました。

 

夫の仕事の愚痴を聞くことがしんどいとか

 

姑の身の上話が長くて疲れるとか

 

こんな小さなことに対してストレスを感じてしまいます。

それで冷たい態度をとってしまったり、相手を傷つけたり。

 

そんな大らかでいられない自分が嫌で、最終的に自分を責め、さらにストレスをためていくという悪循環。

 

私ってほんと性格悪い。なんでこんな人間になったんだろう。

 

もともとマイナス思考なのでこのままズブズブと落ちていくのがねこやなぎパターンです。

 

でもこんな私でも心を豊かにさせる方法があることに気がつきました。

それは相手を思いやる気持ちなのではないかと。

 

 

きっかけは電車で席を譲ってくれたこと

なぜいきなりこんなことを語り始めたのかというと、電車を利用した際に席を譲ってもらったことがきっかけでした。

 

現在妊娠8か月。長い妊娠期間も後半になりました。

 

私は電車内では気分が悪くない限り、マタニティマークを隠すようにしています。理由は『席を譲ってほしいマーク』だと思われたくないから。

 

関連記事:マタニティマークってやっぱり危険?実際付けてみて感じたこと

 

こちらの記事でも書きましたが、マタニティマークの本来の目的は『母体と胎児を守るため』にあります。それを誤った認識をしている方もいるらしく、ネット上では危険な目にあったという妊婦さんの体験談もよく目にします。

 

昨日は用事があったので電車を利用しました。一駅だけの移動だったことと上記のような理由もあったため、いつも通りマタニティマークを隠して乗車。

 

すると目の前に座っていた女性が「座ってください」と席を譲ってくれたのです。マークは隠していたのですが、お腹が大きいのを見て気づいてくださったみたい・・・

 

「一駅だけですので大丈夫ですよ」と一度遠慮したのですが、その女性は

 

「私ももうすぐ降りるので」と言って席を離れていきました。

 

なんだか申し訳ない気持ちもありましたが、お言葉に甘えて座らせてもらうことに。

 

でも「元気だから大丈夫!」とは思いながらも、8か月に入ってからとてもお腹が張りやすい。少し歩くだけですぐに張るし、胎動が痛くて歩きにくいし。

 

だから数分の間だけでも正直本当に助かったし有難かったです。

 

思いやりから生まれるもの

このような心遣いをいただくと、感謝の気持ちだけでなく幸せな気持ちになれますよね。「世の中まだまだ捨てたもんじゃないな~」とまるでおばあさんみたいな気持ちになります。

 

それに人からいただいた思いやりは、また人にあげたくなります。

 

こういった

思いやりの積み重ねが自分の心を豊かにさせる。

 

そう思わせてくれた出来事でした。

 

心ない言動から生まれるもの

逆に心ない言動から生まれるものとは何でしょうか。

 

私は『』だと思います。

 

あ、スピリチュアルな話じゃないんでどうか逃げないでくださいね(笑)

 

心ない言動を続けていると、『負のオーラ』をまとうんです。それは何となく他の人にも伝わってしまう。そんなところには何も寄ってこないですよね。

 

私は負のオーラまといまくってる時があるのでなんとなく分かります。そういう時って何もかも上手くいかない。飼ってるインコも寄ってこない(笑)

 

今日のねこさん怖いから近づかんとこー・・・

 

 

そこで上手くいかないからってだれかを傷つけても、自分の不満が浄化されるわけではないんです。それどころかどんどん『負』の要素がたまっていく感じがします。

 

そんな負のスパイラルから救い出してくれるのは、人からの思いやりだったり、自分から相手を思いやる行為なんじゃないかな。

 

他人からの思いやりはもちろん、相手を思いやって感謝されると、心が軽くなったり目の前がぱっと明るくなったりしませんか?

 

『負』ってかなり根強いですけど一発で打ち消せるぐらい、思いやりの力って強い気がします。

 

ということに遅ればせながらこの年で気がつくことができました。

昨日の心優しき女性よ、本当にありがとう。私もあなたのようになりたい。

 

おわりに

その場で簡単にしかお礼が言えなかったので、このブログから巡り巡ってその人に届くといいなという思いで書きました。

 

昔話『鶴の恩返し』のように、「あの時助けていただいた鶴です!!!」みたいな(笑)

そんな妄想をしている26歳です。

 

届くのが何年後になるのか、そもそも届くのかすら分かりません。

「だから結局なんなんだ」という感じかもしれませんが、ただ文章にして記録しておきたかったという、自己満足記事でした。

 

本日はここまでです!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。