【初産出産レポ③】3720gのビッグベビー出産レポート~本陣痛から娘誕生まで~

f:id:mmm171218:20180625154702p:plain

こんにちは。睡魔に負けてなかなかブログ更新できないねこやなぎ(@nkyng171218)です(汗

 

今回はだらだらと書いている出産レポの最終章!出産直前から後産までの記録です。

あまりの痛みで時間は覚えておりません(^-^;順序も正しいのか記憶が曖昧で分かりにくいかもしれませんが、興味のある方は読んでいただけると嬉しいです^^ 

 

www.nekoyanagi171218.com

 

www.nekoyanagi171218.com

 

 

子宮口7㎝ 我慢できない痛み

午後5時頃

ここまで呼吸法などで痛みを紛らわしてきましたが、もう何をしても痛い!!!

そこで持参していたテニスボール登場。夫・母・助産師さんに頼み、ぐいぐい押してもらうと一時的に痛みが和らぎますが、効果があるのは本当にその時だけ。

 

ここまでくると、とにかく叫ぶ!叫んで痛みを紛らわせる作戦!(もうやっつけです)

 

立ち合い出産はお互い希望していなかったので、ここらへんで夫・母には退室してもらいました。

 

子宮口8~9㎝ 突然の破水

分娩台の足が開かれ、いよいよ分娩スタイルになる。

まだいきみ指示は出ず、ひたすら叫ぶしかない。すると「バシャッ」と下から何かが勢いよく出た感覚がありました。

 

「破水しましたよー!」

 

と声をかけられて初めて破水したことが分かる。

 

初産だとおしっこと破水の区別がつきにくいと言われていましたが、比較にならないくらいの勢いで出ました。かなりの衝撃です。破水なんて初めてのことなので大量出血したのではないかと思うほどでした。

 

出産間近、ようやく担当医登場

ドラマの影響で担当医は初めからついてくれているものだと思っていましたが、もうすぐ生まれそうになってから颯爽と登場。しかも若い男性研修生を連れて。恥ずかしいとかどうでもよかったけど、せめて事前に言っといてほしかったな・・・ 

 

それからも担当医は横から助産師に指示を出したり、研修生に何か教えたりという感じでした。

 

いきみ開始

「いきんで!」と指示が出されます。

 

いきみと言えばひっひっふー!だと思っていたのですが、実際は陣痛が来たタイミングで息を大きく吸い込んで思い切り吐き出す(この時頭をあげてお臍当たりを見ながら力を入れる)という感じ。目は瞑ってはいけません。かなりつらいです。

 

なかなか出てこないのか、周りの助産師さんたちの表情にも疲労感が漂っているように見えました。申し訳なくて少し気持ちが焦る。

 

それから体感で1時間近く経過したあたりでしょうか。ようやく頭が見えてきたところでなんと鏡越しに我が子の姿を見せてもらいました

 

想像するとグロテスクかもしれませんが、当時はすごく感動しました。「赤ちゃんもがんばって出てこようとしている!」と励みになりました。

 

頭が見えたしもうすぐかな?!と期待したのですが、その後も闘いは続く・・・

 

午後6時46分 娘誕生

体力は限界を迎えていました。なかなか出てこないためか、担当医に出口を指で押し広げられて絶叫

 

あまりマイナス発言はしたくなかったのですが、

 

つらい、痛い、もう嫌だー!!

 

と叫んでいました。

もう声が枯れてしまいそうなくらい。 

 

でも「今日はこの辺にして、また明日がんばろ★」なんてできるわけないしね・・・とにかく今がんばるしかない。

 

何度も何度もいきみました。

長い陣痛に比べ、出てくる時は一瞬。強烈な痛みと共に産声が聞こえる。

 

陣痛が始まってから11時間25分経過。 

ようやくかわいい我が子に会えました。 

 

その後は会陰縫合(めちゃくちゃ痛い!)、早期母子接触など行いました。ちなみに会陰は自然裂傷。そりゃ3720gもあったら裂けるよね・・・また別記事にまとめてみたいと思います。 

 

出産を終えて

出産はわたしが生きてきた中でも一番の痛みでした。中には「もう二度と経験したくない」という方もいますね。確かに痛いのはもうこりごりなんですが、子どもは2人以上欲しいという思いに変わりはなく、母親ってすごいなぁと思います。(もちろん自分だけでなく、世界中のお母さんってすごい。)

 

わたしは特別子ども好きというわけではないのですが、2人目を望むほど我が子はかわいい。初めて声を出した、初めて笑った、など毎日が感動の嵐です。ドライな自分にこんな感情があったなんて出産してから初めて知りました。

 

また、出産報告の記事にも書きましたが、わたしは『てんかん』という病気です。服薬しながらの妊娠生活・薬が及ぼす赤ちゃんへの影響・分娩中に発作が起きてしまうのではないか・・・など、たくさんの不安がありました。

 

しかし、それを無事に乗り越えられた今は大きな自信に。人って不可能なことなんてないんじゃないか。そう思えるくらい妊娠・出産はわたしにとって大きな出来事でした。

 

妊娠生活は感情が不安定になることも多く、周りに迷惑をかけることもありました。それでも支えてくれた夫・両親・義理両親・私たちのもとへ来てくれた娘・・・たくさんの人に感謝です。

 

出産レポあとがき

ここで出産レポは一旦終わりにします。だらだらと長期間かけたわりに雑多になってしまいましたが、この気持ちは書き残しておきたかったので書かせていただきました。お付き合いくださった読者様、本当にありがとうございました。

 

出産関連の記事は他にも書きたいですが、ご覧の通り記事を書くのに非常に時間がかかっております・・・!無理せずマイペースにとは思っていますが、何をするにもチラつくブログという存在(笑)

 

育児も少し慣れてきたので更新ペースもあげていきたいところです!

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました★

ねこやなぎ(@nkyng171218)でした。