いつか消えてしまう?大切なエコー写真の保存に”エコー写真アルバム”をおすすめします!

f:id:mmm171218:20180630230909j:plain

ねこやなぎ(@nkyng171218)です。

 

妊娠中のエコー写真。赤ちゃんがお腹の中にいる大切な10か月間の記録です。

しかしエコー写真は時間が経つと消えてしまうってご存知でしたか?わたしは出産ギリギリまで知らなくてかなりショック!危うく大切な記録を失うところでした(^-^;

 

今回の記事ではエコー写真の保存方法と、わたしが購入したエコー写真アルバムを紹介しています。

 

※この記事の続きには本物のエコー写真の画像が出てきます。苦手な方はご覧にならないようご注意を!

 

 

エコー写真はなぜ消える?

エコー写真は”感熱紙”という紙でできています。熱や紫外線に弱いため色あせたり黒く変色してしまったりします。いい状態で保存できるのは1~2年ほどとか。

 

いつの間にか黒くなって、赤ちゃんの姿が見えなくなってた!なんてことが起こると悲しすぎますね(T_T)

 

エコー写真の保存方法

アルバムにまとめる

原本のままでは消えてしまうためプリンターで写真用紙にコピーして保存します。手間がかかりますが妊娠中のいい思い出になりそう。

 

アプリで管理

スマホで写真を撮って保存するだけ!お手軽でかわいいです。
妊娠したらエコーフレーム
妊娠したらエコーフレーム
開発元:Karadanote Inc.
無料
posted withアプリーチ

データ化する

スマホ・カメラで写真を撮ってデータとして保存。アルバムなどの物が増えない点がいいですね。ただし要バックアップです。

 

Googleフォトに保存されているうな重さんの記事が参考になります。

kurukurumawaru.hatenadiary.jp

 

写真専門店に依頼

カメラのキタムラではエコー写真を持ち込むだけで、きれいなフォトブックを作ってもらうことができます。

photobook.kitamura.jp

 

我が家はエコー写真アルバムに保存することに

  • 形として残しておきたい
  • かわいいアルバムに保存したい

と思い、こちらのアルバムを購入しました。

 

f:id:mmm171218:20180629234739j:plain

マークス ハッピーマタニティアルバム

 

種類がたくさんあったので迷いましたが

  • ポップでかわいいデザインに一目ぼれ
  • 十分収納ポケットがある
  • コメント欄が長すぎない

 

少々値は張ったけど、気に入ったデザインのものの方が見返しやすいかなぁと思いこちらに決定!

 

エコー写真アルバムの内容はこんな感じ!

写真ページはL判サイズの写真がぴったり収まるフォトポケットがついています。1回の検診で写真を6枚もらうことがありましたが、それも1つのポケットに収まり、意外と大容量。

f:id:mmm171218:20180630220925p:plain

写真ページは他にも赤ちゃんの生まれたての写真家族写真を入れるページもあります。エコー写真から成長した姿まで収めることができるので、見返すと感動もひとしおです。

 

記録ページもたくさんあるので当時の気持ちや赤ちゃんへのメッセージもしっかり残すことができます。

f:id:mmm171218:20180630222755j:plain

 

こんなかわいいステッカーもついています。

f:id:mmm171218:20180630222915j:plain

アルバムは少しめんどくさいかなと思っていましたが、やってみるとすごく楽しい(*^^*)プリクラ手帳を作っていた中学生時代を思い出す・・・

 

 

原本の保存はとりあえずクリアポケットに入れて保存しています。もっといい方法があるかもしれないけど・・・日に当たらない涼しいところにしまっておきます。

 f:id:mmm171218:20180630221208j:plain

 

エコー写真も赤ちゃんとの大切な思い出

初めは人のかたちをしていなかった赤ちゃん。アルバムをめくるたび、どんどん人間らしくなっていく姿がなんとも愛おしい♡やっぱりアルバムを作ってよかったなと思います。

 

アルバムを作るなら検診ごとに写真を収納することをおすすめ。その方がメッセージ欄に当時の気持ちをそのまま綴っておけるし、何より後からまとめてやるより絶対楽で効率がいい!!子どもをあやしながら全24枚のエコー写真を一度にコピーする作業はなかなか骨の折れる作業でした^^;

 

時間がたってからやると、どの部分が写っているのか思い出せない写真もあったりするので・・・もっと「ここが頭で、ここが足で」とか説明を書き加えたかったな。

 

後悔している部分もありますが、子どもが大きくなってから一緒に見返してみるのも楽しそうですね^^

 

今回はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございました★

ねこやなぎ(@nkyng171218)でした。

 

 

 ▼こんな記事もあります

www.nekoyanagi171218.com

 
www.nekoyanagi171218.com

 

www.nekoyanagi171218.com