巨大な砂像に圧倒される・・・鳥取砂丘・砂の美術館2018『北欧編』観に行ってきたよ!

鳥取砂丘 砂の美術館

一週間の帰省から帰宅しました!ねこやなぎ(@nkyng171218)です。

 

お盆休みはゆっくり過ごせたでしょうか?

わたしたち家族は帰省した際に鳥取砂丘・砂の美術館に行ってきました。

 

 一言でいって、すばらしかった!今にも動き出しそうな立体感と細やかな技術。

あのさらさらな砂が一体全体どうしたら芸術作品として人を惹きつけるのか。

芸術には疎いわたしですが、人間ってこんなことまでできるんだな・・・と感動しました。

 

今回は館内の様子や、作品の一部を紹介しています。

この記事があなたの旅の参考になれば幸いです♩

 

 

鳥取砂丘 砂の美術館ってこんなところ!

鳥取と言えば「せーの!」で思いつくのが『鳥取砂丘』ですよね。

そんな鳥取に訪れた方々にもっと感動を与えたい!という思いからつくられた砂の美術館。砂を素材とした彫刻作品、『砂像』が展示されています。

 

砂の美術館とは | 鳥取砂丘 砂の美術館

 

砂の美術館2018年は『北欧編』

砂の美術館の基本コンセプトは『砂で世界旅行

毎年テーマを変えて、今までもさまざまな『世界旅行』を鳥取で感じることができました。

 

と言いながら今回が初めての来館です!笑

 

今回はみんな大好き(?)北欧編ということで

 

・・・などなどの国(これ以上思いつかない;;;)をモチーフとして作られた砂像が展示されています。

 

開催期間は?

2018年4月14日(土)~2019年1月6日 まで。

まだまだ観ることができますよ^^

 

お盆休みは大盛況。サブゲートから入場

f:id:mmm171218:20180821120708j:plain

お盆休み真っただ中に行ったのでメインゲート近くの駐車場はすでに満車。

 

でも安心してください。第2駐車場、あります

 

さらに近くにはサブゲートなるものがあるので、わざわざメインゲートまで戻らなくてもいい!

 

展示作品を少しだけお見せします!

館内は撮影・SNSアップOK。(ただし商用は不可)

写真いっぱい撮ったので、ちょっとだけ見せちゃいますね。

 

まず展示場に入って一番初めに出迎えてくれる作品がこちら。

2018砂の美術館イーエスコウ城

イーエスコウ城

 

す、すごい・・・

 

本当に人間が作ったの?

小窓や屋根の柄まで、めちゃくちゃ細かい。とにかくすごい。(すごさよ伝われ~!)

 

イーエスコウ城?なにそれ?って感じでしたが、画像を見れば「なんか見たことある!」という方が多いのではないでしょうか。

 

▼参考

イーエスコウ城 - Wikipedia

 

アップにしてみるとSNS女子たちが楽しそう。

f:id:mmm171218:20180821120704j:plain

 

これはなんだったかな・・・忘れちゃったけどとにかく人の顔がリアルで楽譜のカーブ具合とか、音符も印刷したみたい。

f:id:mmm171218:20180821121006j:plain

なんの曲か、わかりますか?^^

 

北欧の有名人、サンタクロースです!

今にも”Merry Christmas!!”と言い出しそうなくらいリアル。

f:id:mmm171218:20180821120958j:plain

 

まさかあの名画が鳥取で観ることができるとは・・・

ムンクの叫び』です。

f:id:mmm171218:20180821121004j:plain

 

ここは娘と写真を撮っておこう・・・!

 

って・・・

 

 

f:id:mmm171218:20180821121001j:plain

寝てるうぅぅぅ!!!奇しくも同じ顔!!!

 

0歳4か月には難しかったかな。笑 

 

お土産コーナーにはおしゃれな北欧雑貨がずらり

イッタラ・アラビア・マリメッコムーミンなど、北欧ブランドの雑貨が並んでいました。

 

物欲がわく・・・ほしい・・・

 

でも不要なものは買わない!と決めたわたし。

今回は財布のひもを締めることに成功しました!!断腸の思いで・・・

 

冷静に考えたら、砂の美術館で買わなくても買える!

 

見るだけでも十分ときめくのでぜひ行ってみてください(*´`)

 

砂の美術館は子連れでも楽しい!

子連れでも楽しめるイベントや配慮もありました。

 

ベビーカーの貸し出し(7か月以上)

f:id:mmm171218:20180821121633j:plain

ベビーカーとシルバーシートの貸し出し無料!

 

うちの子は4か月なので利用できませんでしたが、小さな子どものいる家族・高齢者・足の不自由な方たちにもうれしいサービスです。 

 

スタンプラリー・ミニ砂像づくりなどイベントも楽しそう

写真を撮り忘れてしまいましたが、ひとつ500円でミニ砂像を作ることもできます。

f:id:mmm171218:20180821140812j:plain

出典:“ミニ砂像体験”をしてみませんか? | 砂の美術館

 

子どもたちが思い思いにミニ砂像を作っている姿はとても楽しそう。

きっと夏休みのいい思い出になったに違いない!

 

遊べる砂場もあります

f:id:mmm171218:20180821121653j:plain

なんとあの砂丘の砂で砂遊びができるよ★

 

ってそこまでプレミアでもないか・・・『甲子園球場の土』的な・・・

 

でもこれを見た子どもはテンション上がりますね♩

 

砂の美術館の詳細情報

開館時間

平日  午前9時~午後6時  

土日祝 午前9時~午後8時

 

最終入場は閉館時間の30分前まで。

時間変更される場合もあるのでホームページを要チェックです!

 

入場料

一般  600円

小中高 300円

 

※団体20名以上はさらに100円お得。

 

意外と安かったです。

昔は1000円以上してたと思いましたが、作品によって違うのかな?

 

アクセスと駐車場

本当に砂丘のすぐ近くにあります。

 

駐車場はメインゲート、サブゲートに隣接されていて、どちらも駐車料金は無料です。 

 

混雑状況と所要時間

お盆休みで人も多かったですが、人が多すぎて鑑賞できない!ということはありませんでした。ゆっくり写真を撮りたい方は厳しいかもしれません。(平日なら空いてるかも?)

 

所要時間ですが、わたしたちは1時間あれば全て楽しむことができました。

ただ、砂像づくり体験などイベントに参加する場合はもう少しかかると思います。

 

砂の美術館は鳥取観光におすすめです

『砂の美術館』は子どもから大人まで楽しめる場所でした。

娘はあんな感じでしたが・・・苦笑

 

正直、ここまで砂に感動するとは思いませんでした。

もっと早くから観に行っておけばよかった!

 

もうすぐしたら”芸術の秋”

鳥取砂丘までお越しの際はぜひ、砂像アートに触れてみませんか?

砂像は展示期間が終えるとなくなってしまいます。儚い・・・まさに芸術。

 

わたしは断然、”食欲の秋”だけど・・・

 

▼詳しい情報は公式ホームページをチェックしてね!

鳥取砂丘 砂の美術館 - 世界初、「砂」を素材にした彫刻作品を展示する美術館

 

最後までご覧いただきありがとうございました★

ねこやなぎ(@nkyng171218)でした。 

 

 

鳥取にはこんなところもあります

www.nekoyanagi171218.com

 

▼子どもと出かける時はこのアプリがあると便利です
www.nekoyanagi171218.com