歯列矯正中の口内炎がつらい!矯正歴3年目のわたしがやっている予防と対策

f:id:mmm171218:20180916103224j:plain

こんにちは、ねこやなぎです🐈

 

久しぶりの歯列矯正記事です。

こちらの抜歯体験記事に検索から来てくださる方が多いので、また定期的に書いていこうと思います。

 

www.nekoyanagi171218.com

読んでくださった方々ありがとうございます! 何かお役に立てれば幸いです^^

 

最近読者になってくださった方々は「え、歯列矯正してたん?」って感じですよね;;

よかったらこちらに歯列矯正を始めた理由について書いているので興味頂いた方は読んでいただけると嬉しいです。

 

www.nekoyanagi171218.com

 

今回は、歯列矯正中の口内炎の予防と対策についてわたしが行っていることを紹介しています。

 

歯列矯正をされている方はこの問題、けっこう深刻ですよね。

口内炎ができると痛みで食事もおいしくないし、食べられるものも選ばないといけないし・・・何よりも患部が器具に当たっているので常に痛いという口内炎地獄;;

 

歯列矯正を始めたばかりの方に、何か参考になることがあれば幸いです!

それではどうぞっ

 

 

歯列矯正中の口内炎の原因は「矯正器具との接触

f:id:mmm171218:20180916095054j:plain

口内炎にもいくつか種類があり、それぞれ名前もついています。矯正器具との接触でできる口内炎は”カタル性口内炎”といい、患部が赤色に腫れあがっています。

 

特に定期的にあるワイヤー調整後は器具の位置も変わるので口の中にあたりやすい。歯が動くにつれて矯正器具と接触する部分も少なくなるので口内炎もできにくくなります。

 

いつかは治る・・・と分かっていても、それまでがつらいですよね。ワイヤーの調整後は締めつけられて痛いし、口内炎も重なると固形のものは食べにくいので流動食か刻み食。食事が本当に楽しくない;;食べること大好きなわたしは尚更つらい;;

 

歯列矯正とは関係ないけど配慮食になったおじいちゃん・おばあちゃんはこんな気持ちで食事しているのかなぁ・・・今まで普通に食べられていたものが急に食べられなくなるって、想像以上につらいことですね。

 

矯正歯科でレーザー治療をおこなうことができる

 

まず、矯正中の方は歯科医から説明があると思いますが、口内炎が出来た時はレーザー治療を受けることができます

 

レーザーを当ててかさぶたを作り、治りを早くするという治療法です。

矯正歯科の先生から「口内炎できたらいつでも来たらいいからね」と言われているんですが・・・実は1度も行ったことがありません!

 

口内炎はできるんですが次に紹介する方法で乗り切ってきたので、特に必要なかったですね。

 

あ、でも「口の中にレーザーを当てるなんて怖い!」という理由もあります。笑

 

※わたしが通院している矯正歯科では追加料金なしでレーザー治療をしてくれます。歯科によって異なるかもしれませんので、確認してみてくださいね。

 

口内炎ができてしまったら「口内炎パッチ」が最適

口内炎の薬は飲み薬・塗り薬などいろいろありますが、歯列矯正中に最適だったのは貼るタイプの口内炎治療薬。

 

わたしは元々口内炎ができやすい体質のようで、口内炎用の薬は塗り薬の「ケナログ」が最強だと思っていたんです。

 

寝る前に塗る。3日ぐらいで完治するからおすすめ!

 

でも歯列矯正中の口内炎の原因は「器具の接触」なので、塗り薬だと器具にくっついてしまい、効果が出にくい。

 

だから器具と患部が接触しない口内炎パッチはすごくおすすめ。

初めに使っていたのは大正製薬口内炎パッチ。赤色のやつです。

他社のパッチと比べ、硬めのシールなので患部を矯正器具からしっかりガードしてくれる。

 

ただしデメリットも。「赤」と目立つ色なので、貼っているのが丸わかり。そのまま人と会うことは恥ずかしくてできません。目立ちやすい唇の裏側に口内炎ができることが多いので、就寝中か引きこもりデーの時しか付けられない;;

 

ということでトラフルダイレクトも試してみた

同じく貼るタイプの口内炎治療薬です。

トラフルダイレクトは大正製薬のものより値段が高め。

「さぞかし効果があるのだろう」と期待して購入しましたが、シールが柔らかくて器具にくっつきやすいのが難点。何枚か無駄にしてしまいました。

 

それからしばらく使わなかったのですが、バカなわたしはもう一度「トラフルダイレクト」を購入してしまいます。(使えなかったのを忘れてた)

 

仕方なしに使ってみた結果、うまく貼れると大正製薬のものより効果が高いことが判明。一晩つけただけで患部は小さくなり、3日で完治しました。初めて使った時はただ貼り方が悪かっただけみたいです。

 

色は白なのでやっぱり目立つ。透明なものとかあったらいいのにな〜。

 

その他注意していること

f:id:mmm171218:20180827222620p:plain

食事は柔らかく刺激の少ないものを食べる

カレーや麻婆豆腐は柔らかいから食べやすいけど辛いものは痛くてたまらないし、治りも悪くなるのでお勧めしません。

 

口腔内は清潔に保つ

口内炎ができると菌が増えやすい状態。早く治すためにも食後は必ず歯磨きをします。

歯磨き粉は爽快感がある方が磨けた気になるけど、それすら刺激になるのでなるべく低刺激なものがいいです。

 

最近知った口内炎予防策「歯列矯正用ワックス」

f:id:mmm171218:20180916100932j:plain

これが一番最強でした。

 

矯正器具につける「歯列矯正用ワックス」というもの。

歯列矯正3年目にして初めて知りました・・・通院している矯正歯科では前から取り扱ってたみたいです。初めから教えといてー;;

 

知っている人からすると今更感満載な情報なんですが、これがあれば口内炎なんて怖くない!

 

使い方は簡単。少量ちぎって接触している矯正器具の方にぺっと付けるだけ。

矯正用ワックスのいいところは、

 

  • 意外としっかりと密着する
  • そのまま食事をしても取れない
  • もし飲み込んでしまっても大丈夫な素材
  • 目立たない 
  • これをつけてから全く口内炎ができない!

 

同じく歯列矯正している方で、「何それ知らん!」という方は通っている歯科に聞いてみてください。もしかしたら取り扱いしてるかも。

 

 Amazonでも販売されていますが、歯科の方が値段が安いです。参考にリンク貼っていますが、わたしは歯科でひとつ120円で買ったよ。

 

だからまずは矯正歯科で取扱いしているか確認してみてくださいね。

 

口内炎から解放されて少しでも快適な矯正ライフを!

矯正器具をつけてる時点であまり快適ではないんですが、口内炎がないだけでもかなりストレスが減ります。

 

矯正器具はどうにもできないけど、口内炎はこうして予防することができるので便利グッズがあればどんどん頼ってみましょう!価格も安いしね!

 

まぁ矯正の締めつけと口内炎のWパンチのおかげで、普通に食べられることがどれだけ有難いことか身をもって知ることはできたけどね・・・

 

本日はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございました🐈

 

 

▼その他の歯列矯正体験談はこちら 

www.nekoyanagi171218.com 

www.nekoyanagi171218.com 

www.nekoyanagi171218.com